ZEROの鍵 #006 『資金計画で大切なコト』

ZERO-CUBEシリーズに関する気になる話題を数字やキーワードとともにお伝えするコーナー。今回は「家づくりには欠かせない資金計画」について。さてさて、どんなところがポイントとなるのでしょうか?
Q  :ZERO-CUBEの家づくりに欠かせない資金計画で大切なコトは? A:資金計画書での内訳金額を、具体的にしていく。

資金計画書は、家族の夢をカタチにする指針図!

資金計画とは、ご契約してから引き渡しまでにかかる費用を項目ごとにまとめたもの。つまり資金計画書を見れば、マイホームの何に、どのくらいのお金が必要なのかが分かるようになっています。例えば、土地と建物合わせて、3500万円かかりますと言われても、どこか漠然としていますよね。資金計画書を見れば、土地、建物、外構…不動産取得税や固定資産税などの税金関係まで、すべてを具体的に把握することができます。

ZERO-CUBEの場合は、本体価格が1000万円と明確です。鉄骨階段や無垢床などのオプションや+FUNシリーズもすべて価格がはっきりしています。このことは資金計画を立てるうえでとても助かります。通常、注文住宅やオプション工事などは「概算」となりますので、施工後に、当初の見積りより金額がかかってしまった…そんなケースも少なくありません。一方でZERO-CUBEは規格住宅なのでその心配はありません。

1000万円からはじめる家づくり。ZERO-CUBE+FUN

通常、資金計画は施主様の情報やニーズをもとに担当営業マンが作成します。そこで大切なのは、理想のマイホームスタイルや設備などへのこだわりはもちろん、現在の年収や貯金額、ローンの有無、子育てに必要な資金などを詳しくお伝えいただくこと。担当者と施主様の信頼関係により、家族の夢を詰め込んだ資金計画書が出来上がり、いよいよ家づくりが始まります!


ご相談・資料請求はこちらから