ZEROの鍵 #001 『6』

ZEROの鍵 キーワードで読み解く家づくり『6』

ZERO-CUBEシリーズに関する、とっておきの情報や気になる話題を数字やキーワードとともにお伝えするコーナー。
記念すべき第一回目は、千葉県八千代市周辺の取扱店「リブインスタイル千葉」が登場。では、早速、質問します!

Q: ZERO-CUBEでは、初回の相談から竣工まで平均するとどのくらいの期間がかかりますか? A: 6ヶ月くらいが多いです。

すでにZERO-CUBEの大ファン、だから話がとってもスムーズ。

わずか半年でマイホームが建つというと、ずいぶん早いなと思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、これには大きな理由があります。それは、相談にいらっしゃるお客様が、すでにZERO-CUBEの大ファンだからです。ホームページやブログ、インスタグラムなどをちゃんとチェックしていただいているので、商品の説明などに時間を割かずに済みます。だからなのか、どんな人に対しても、家の話からスタートしないですね(笑)。こんなファッションが好きとか、サーフィンやアウトドアの話をしたり…。


暮らしに関わるいろんな話のなかで、私たちは、住宅業者ではなく「暮らしを楽しむ屋さん」なんだというポリシーをお伝えしています。住まいと暮らしのスタイリストのような感覚ですね。
だからこそ、お客様がどういう暮らしをしたいと思っているのかをちゃんと理解する必要があります。このファミリーには、どんな家がぴったりだろう?家具や間取りはどんな感じかな?などを一つひとつ考えながら、コーディネートしていくことが仕事だと思っています。
そのためには、お金をかけるだけでなく、いろんなアイデアの引き出しを持っていた方がいいので、雑貨や家具など、ZERO-CUBEと組み合わせたら面白いかなと思うものがあるとすぐにチェックしていますね。


マイホームは暮らしの「器」、自由に楽しむことが何より大切。

大手ハウスメーカーは「マイホームは一生に一度の大きな買い物」などとよく言いますよね。私たちはそれが嫌いなので、「あんまり気合を入れて家を買わない方がいいですよ」と言ってます。家はあくまで「ハコ」であり、暮らしを楽しむ「器」。そこにお金をかけすぎて、食器や家具、カーテンを自由に選んだり、美味しい食事や外で遊ぶことができなかったら、本当に豊かな生活だといえるでしょうか。5,000万円の家に住んでいるけど、インスタントラーメンを食べていては、ちょっと哀しいですよね(笑)。


そういう意味ではZERO-CUBEは理想的ですね。1,000万と価格もハッキリしているし、自由にできる感じがすごくいいなと思います。+FUNでお気に入りの空間をプラスしてもいいし、300万の家具を入れて好きな世界観をつくってもいい。全体の予算の中に、家具やカーテンなどの費用も入れ込んで考えたほうがいいですよとお客様にご提案しています。その上で、ムリのない支払いプランを一緒に考えていきます。


お客様のなかには、ナチュラル系が好きな方もいらっしゃいますし、サーファーテイストの方もいらっしゃいます。たとえスタイルが違っても「好き」という気持ちは一緒なんです。「こういう雰囲気のZERO-CUBEにしたいんだよね」とお客様に相談されたときに、そのフィーリングに応えることができる会社でありたいと思います。

今回の専門家は?

LIVE IN STYLE – 近藤祟さん
千葉県八千代市周辺エリアでの規格商品販売を担当。「暮らしを楽しむ屋さん」として、ライフスタイル提案に重きをおいた独自の提案スタイルで注目を集める。