ZEROの鍵 #005 『家づくり後の「暮らし」を想像しよう』

ZERO-CUBEシリーズに関する、とっておきの情報や気になる話題を数字やキーワードとともにお伝えするコーナー。今回は「マイホーム購入前に考えておくべき大切なコト」について。さてさて、どんなところがポイントとなるのでしょうか?
Q  :ZERO-CUBEの家づくり、資金計画の前に考えるコトとは? A:家づくりの後の「暮らし」を想像しよう。

大切なのは、暮らしにかかる費用も含めて考えること。

家づくりにおいて、しっかりと考えなくてはいけないのが、「お金」について。当初の予算より大幅にオーバーしたり、月々の住宅ローン返済額に無理が生じては、せっかくの憧れのマイホームを手に入れたのに、悩みが…となりかねません。

マイホームを建てることはゴールではなく、家族の新しいスタートです。この家で始まる暮らしをイメージしてください。
クルマの買い替えなどは考えていますか?家族で旅行に出掛けたり、休日に楽しみたい趣味はありませんか?子どもたちは、私立・公立、どちらの学校に進学してほしいですか?家を建ててからの暮らしを具体的にイメージすることで、家づくりにかけられる予算がはっきりするケースはよくあります。
ZERO-CUBEのキャッチフレーズは「私たちにちょうどいい家」ですが、ちょうどいいのは、間取りやデザインだけではありません。価格も含めて「これからの家族の暮らしにちょうどいい」マイホームであることを大切にしています。

ZERO-CUBEで暮らすファミリーは、家具や雑貨がにこだわりがあったり、家族のライフスタイルや趣味に合わせて、間取りや部屋の使い方を自由にアレンジし、「ちょうどいい家」を実現している方がたくさんいらっしゃいます。「シンプルな空間だからこそ、コーディネートが楽しめる」という声もよく聞きます。ZERO-CUBEライフをもっともっと楽しむために、家具や雑貨を揃える予算も頭に入れておくことも大切ですね。

では、実際にZERO-CUBEに住む人たちは、どんな「暮らし」をしているのでしょうか。「暮らしのインタビュー」で様々なZERO-CUBEでの「暮らし」をご紹介しています。合わせてこちらもご覧ください。
ZERO-CUBE 暮らしのインタビュー
次回はより具体的な資金計画についてお話します!

ご相談・資料請求はこちらから