花とエプロン

「飾ること 暮らすこと」は、インテリアスタイリスト・大谷優依さんが、自らのライフスタイルを切り取って紹介してくれる連載企画です。アイテムのセレクトやお部屋づくりの参考にぜひ!

日差しが暖かくなってきた今日このごろ。
すっかり春気分のわたしは、光に透けた綺麗なリネンにココロ惹かれて、
エプロンを買いました。

このエプロンはお菓子研究家の福田里香さんと代官山のテキスタイルショップcoccaさんが一緒につくったもの
収穫者のためのエプロンということで、紐をくくると大きな袋ができて、
植物や果物などを入れることができます。 すごく軽くて心地が良い。

お花屋さんがエプロンを付けているのを見て、
「お花とエプロンってすごく可愛い組み合わせ。」といつも思っていたので、
お花をばっさり抱え込めるこのエプロンは、私にとって夢のエプロン。

一緒にコーディネートすると可愛いトートも買いました。
こっちもステキ〜。

もう少し暖かくなったら、
リネンのワンピースにこのエプロンをコーディネートしようと、
いまからワクワクしています。

大谷 優依 – YUI OTANI
多摩美術大学環境デザイン学科卒業。雑誌などのエディトリアルデザイナーを経て、インテリアスタイリストに。女性誌やライフスタイル誌、ブランドのカタログ、広告の世界でさまざまな空間演出を手がける。
Instagram – @otaniyui