飾ること 暮らすこと/2016.01.27

飾ること  暮らすこと

「飾ること 暮らすこと」は、インテリアスタイリスト・大谷優依さんが、自らのライフスタイルを切り取って紹介してくれる連載企画です。アイテムのセレクトやお部屋づくりの参考にぜひ!

ちまたの珈琲ブームを横目に、わたしはひとり紅茶ブーム。
寒い朝、起きてすぐにすることは、
ポットでお湯を沸かして美味しい紅茶を淹れること。

そんな私が最近買った紅茶はNYブルックリンのブランドの『BELLOCQ
自由な感性で作られたというお茶は、お茶の概念を超えているんです。

右は18番の「アフガンチャイ」
鮮烈な色彩と香りがはじける中近東の市場をカップの中に再現します。という説明書きがまた魅力的。
カルダモンが粒ごと入っていて、熱いお湯を注ぐとスパイシーな香りが広がります。

左は22番の「ノーブル・サベージ」
アメリカ北西部の、苔に覆われた深い森をイメージしたお茶。
その説明の通り、ジュニパーベリーやシダーチップがブレンドされていてモミの木みたいで可愛い。
野生の花がブレンドされているというストーリーが乙女心をくすぐります。

珈琲スタンドと同じくらいティーサロンがあったら素敵なのにな。
ひとり紅茶ブームはまだまだ続きそうです。
BELLOCQHPDECOさんで購入できますよ〜!)

大谷 優依 – YUI OTANI
多摩美術大学インテリア科卒業。雑誌などのエディトリアルデザイナーを経て若干24歳で独立し、インテリアスタイリストの道へ。
雑誌「リンネル」や「プラスワンリビング」をはじめとする女性誌や、ブランドのカタログ、広告などの世界で様々な空間演出を手がける。また、日々の暮らしや仕事の風景を切り取ったInstagramも人気でファンも多い。
Instagram – @otaniyui