飾ること 暮らすこと/2016.04.22

「飾ること 暮らすこと」は、インテリアスタイリスト・大谷優依さんが、自らのライフスタイルを切り取って紹介してくれる連載企画です。アイテムのセレクトやお部屋づくりの参考にぜひ!

普段はシンプルが一番好きなのに、春になるとワクワクして色や柄の洋服が着たくなります。
お皿も同じく、色と柄に惹かれてしまう今日このごろ。

色のお皿は乗せるものを選んでしまうと敬遠しがちですが、 柔らかい色味であれば、意外となんでも合うんです。



柄が素敵なこちらのお皿は鹿児島睦(かごしままこと)さんのお皿。
シンプルな料理と食卓を華やかにしてくれます。
可愛すぎない鹿児島さんのお花柄は、センスがいいなあ…とため息ものです。



こちらはイイホシユミコさんのお皿。色がとっても可愛い。
お皿がキャンパスの様に、料理を絵にしてくれます。

新しい洋服を買うように、華やかなお皿を1枚加えるだけで新生活が楽しくなるかも!

大谷 優依 – YUI OTANI
多摩美術大学インテリア科卒業。雑誌などのエディトリアルデザイナーを経て若干24歳で独立し、インテリアスタイリストの道へ。
雑誌「リンネル」や「プラスワンリビング」をはじめとする女性誌や、ブランドのカタログ、広告などの世界で様々な空間演出を手がける。また、日々の暮らしや仕事の風景を切り取ったInstagramも人気でファンも多い。
Instagram – @otaniyui