飾ること 暮らすこと/2016.05.26

「飾ること 暮らすこと」は、インテリアスタイリスト・大谷優依さんが、自らのライフスタイルを切り取って紹介してくれる連載企画です。アイテムのセレクトやお部屋づくりの参考にぜひ!

もうすっかり初夏ですね。
暑い日が続くようになってきて、薄手のケットが欲しいなあということで、
お昼寝やひざ掛け用にと、先日リネンのブランケットを新調しました。
はじめて買ったリネンケットは、フィンランド製のラプアンカンクリ「USVA」ウォッシュドリネンのブランケット。
外苑前のdoinelさんで売っています。

タオルケットに慣れ親しんできたので、厚みがないリネンというのには少し抵抗がありましたが、
シャリっとしていてしっかりとしたリネンなので、掛け心地もちょうどいい。
素肌や素足に、さらりと触れる心地よさはリネンの嬉しいところです。

これまでニットブランケットやサマーウールを使ってきましたが、
リネンだったら毛玉もできないし、クタクタになってもきっと素敵。

枕カバーはベルギー発のリネンブランドLIBECOHOMEさんのものを新調。
上質なリネンを使用しているので、生地はよく見ると光沢があって美しいのです。
いい夢が見れそうな、乙女っぽいフリルのデザインもキュンとします。



ウォッシュドリネンにくるまりながら、
大きなボードをベッドの上に置き、お茶を飲みながらまどろむ午後。

新しいリネンが嬉しい。肌触りが良くてさらに嬉しい。
ということでずっと手放せないでいます。
今までよりもちょっと優雅なまどろみタイムが過ごせそうです。

大谷 優依 – YUI OTANI
多摩美術大学インテリア科卒業。雑誌などのエディトリアルデザイナーを経て若干24歳で独立し、インテリアスタイリストの道へ。
雑誌「リンネル」や「プラスワンリビング」をはじめとする女性誌や、ブランドのカタログ、広告などの世界で様々な空間演出を手がける。また、日々の暮らしや仕事の風景を切り取ったInstagramも人気でファンも多い。
Instagram – @otaniyui