町を見下ろす、高台に建つMALIBU。 #014 大分県Tさま


「ZERO-CUBE MALIBUの世界観に一目惚れした」と語る施主のT様。柔らかな日差しに包まれたウッドデッキでの愛犬とのひとときは、社宅生活では味わえなかった癒しをもたらしてくれているようです。
※お施主さま独自のカスタマイズが含まれている場合がございます。詳しくはお近くのご相談窓口まで。

MALIBUを建てるならここしかない。

 10年間社宅生活でしたのでそろそろ自分たちの家を建てたいと思っていた時に偶然、西大分で「ZERO-CUBE MALIBU」の見学会があることを知りました。僕は昔からサーフィンが好きなので、カルフォルニアテイストの家を実際に見てみたいなぁと思い見学会へ出掛けました。マイホームについては、正直、マンションと戸建てで迷っていましたが、その戸建てならではの開放的な空間に一目惚れしました。

 妻には内緒にしていましたが、実は建物を決める前から自分でいろんな物件を見てまわり、土地探しをしていました。眺めが良くて、心地よい風が通る、とっておきの場所がここだったんです。「ZERO-CUBE MALIBU」のテイストにもぴったりだと思いましたね。見学会の後、「チャンスは今しかない!」と思い、その足でこの場所へ妻を連れてきました。「すごくいい所だね」と喜んでくれて正直ホッとしました(笑)。

西海岸テイストが満載。夫婦のこだわりをカタチに!

 完成したマイホームに初めて足を踏み入れたとき、「この家ならサーフボードが飾れる!」と思い嬉しかったですね。16歳の頃からサーフィンをはじめたので、サーフボードは何本か持っていますが、サイズも大きいので社宅では収納庫にずっとしまっていました。

 マリンランプやヘリンボーンなど「ZERO-CUBE MALIBU」の室内空間のイメージや外観のカッコ良さを意識して、堀はコンクリート造りではなく、金網フェンスにしました。僕がアーミーだったりインダストリアルな雰囲気が好きなので、海外の住宅をイメージしながらオーダーしました。

10年、20年先のライフスタイルも楽しみに。

 インテリアの趣味は夫婦でよく似ていますね。意識しているのは、西海岸テイストを崩さずに、個性的な家具や雑貨をセレクトすること。妻は女性らしいものよりもシンプルでカッコイイものが好きなので、一緒に男性雑誌を見て、コーディネートの参考にすることも多いですね。10年、20年と歳を重ねることで、自分たちが良いなと感じるもの、ファッションや趣味も変わっていくと思うんです。でも、このマイホームなら、その時々の自分たちの理想とする生活やライフスタイルを実現することができると思えます。

広々リビングに、愛犬アッシュも大喜び。

 以前から友人を招いてのホームパーティーが好きなのですが、社宅だったのでやはり近隣に気を使いながらでした…(笑)。今は見晴らしの良い高台で、気兼ねなく両親や友人を呼んでホームパーティーやバーベキューができるので、のびのびと楽しめます。両親が初めて訪ねてきた時に「窓が壁画みたいにきれいだね」と言ってくれてとても嬉しかったですね。

 夫婦で毎朝、庭でコーヒーを飲みながら愛犬アッシュと過ごす時間が癒しのひととき。朝になると外に出られることがわかっているので、今では僕よりも早起きなんです(笑)。私たちはもちろんですが、「ZERO-CUBE MALIBU」を建てて一番喜んでいるのは、広々としたリビングや庭で走りまわっているアッシュかも知れないですね。